メニュー

抗インフルエンザ薬の予防投与について(料金改定を含む)

インフルエンザが今年も流行しています。予防には、ありきたりですが「手洗い、マスク、予防接種」です。とは言え、ワクチンを接種していてもインフルエンザにかかってしまうこともあります。

しかしどうしても、インフルエンザにかかるのを避けたい時があるかと思います。インフルエンザの患者さんに接触して48時間以内に抗インフルエンザ薬を内服すると、完全ではありませんが予防効果が得られるとされています。
本来は、1)高齢者、2)持病として慢性呼吸器疾患や心疾患、3)糖尿病、4)腎機能障害などがある場合が適応となっています。


大切な仕事がある、受験がある、こんな時にも予防投与をすることがあります。予防投与は、治療ではないので保険適応外です。また、副作用が出た場合の保障の対象にもなりません。

当院では、下記の料金で予防投与を行っております。どうしてもの時はご相談下さい。
★オセルタミビル(タミフル)処方の場合
  :6000円(税別) (内訳5000円+相談料1000円)
★ラニナミビル(イナビル)処方の場合
  :8000円(税別) (内訳7000円+相談料1000円)
 (相談のみの場合は相談料を承ります)

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME